Lapu-Lapu Market

最近、私達のゲストハウスでは中長期の予約が増えてきました。働きに来てアパートを探すまでの間や留学でとか、永住体験ってのもあります。

長い方では半年、1ヶ月なんてのはザラにあります。アパートを探してあげたりするのですが大抵は1年契約だし、光熱費などは自己負担なので、家具付きと言え1.5~2万ペソは必要になってくる。

そうなるとゲストハウスとの差はそんなになくて、しかも多様なゲストがいるので飽きないらしい。

確かにホテル住まいで1ヶ月よりゲストハウスで1ヶ月の方が、身近に人がいて、しかも干渉されない環境と言うのは過ごしやすいかも違いない。

写真はLapu-Lapu マーケット。観光ではセブ旧市街のカルボンマーケットが有名だけど、あんな😅卸売市場のような業者しか用の無い危ない所より、遥かに安全で庶民の市場として活気に溢れている。ドン・キホーテのような格安売りの店もあるし、露店も沢山。夕刻になるとフルーツ売りの屋台も行列する。

お勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください